www.mintcollectionnyc.com
破産手続きの際その債務に関しその保証人がいる場合には、あらかじめ連絡しておくべきでしょう。ここにおいて、改めてお勧めしますが、保証人がいるときは、破産手続きの前段階でよく検討する必要があります。つまりは自己破産をして免責がおりると保証人になっている人がそれらの債務を負うことになるからです。ですので、破産宣告の前段階に保証する人に、経緯とか現在の状況について説明して謝罪をしなくてはなりません。保証してくれる人からすれば当然のことです。あなたが自己破産するのが原因で、とたんに数百万もの負債が生じてしまうわけです。そうして、それからの保証人の取るべき方法は以下の4つです。まず1つめですが保証人となる人が「全部支払う」という手段です。あなたの保証人がそれら数百万ものカネを簡単に返すことができるというような貯金を持っていれば、この手段ができます。ただその場合は、自分で破産申告せずあなたの保証人に借金して自分はその保証人に月々の返済するという解決策もあると思われます。もし保証人が借金をした人と親しい関係にある場合は、少しは返金期間を考慮してもらうことも不可能ではないかもしれません。保証人がいっしょに返金ができなくとも金融業者も話し合いにより分割支払いに応じてくれます。その保証人にも自己破産を行われてしまうと貸したお金が全然手に入らないことが考えられるからです。保証人がもし保証したお金をあなたに代わりまかなう財力がなければ、債務者とまた同じく何らかの方法での借金を整理することを選択しなけばなりません。2つめの方法は「任意整理をする」ことです。債権者側と落としどころをつける方法によって、数年の年月で完済をめざす形になります。実際に弁護士事務所に依頼するときの相場は債権1件につきだいたい4万円。7社から債務があるとしたら28万かかることになります。また貸金業者との話し合いを自分でやってしまうことも不可能ではないですが法的な経験のない方だと相手側が自分たちに有利な提案を押してくるので、注意する必要があります。任意整理を行うとしてもあなたは保証人に負債を立て替えさせることを意味するわけですから借金をしたあなたは長くかかるとしてもあなたの保証人に支払っていくべきでしょう。さらに3つめは保証人となっている人も借金した人と同様「自己破産を申し立てる」という方法です。その保証人もあなたと同じく破産を申し立てれば、保証人となっている人の借金も帳消しになります。ですが、保証人である人が土地建物等を所有しているならばその個人財産を取り上げられてしまいますし、資格制限のある職業についている場合は影響がでます。そのような場合は、次の個人再生を利用できます。最後に4つめの方法は、「個人再生をする」ことです。不動産を手元に残したまま負債の整理を希望する場合や破産申告では影響が出るお仕事にたずさわっている場合にメリットのあるのが個人再生制度による整理です。この処理の場合自分の住宅は処分が求められませんし、破産手続きのような、資格に影響する制限等はかかりません。