www.mintcollectionnyc.com
破産にあたって持っている借り入れに関しその保証人が存在するときには、あらかじめ連絡しておくべきです。ここにおいて、強調させていただきますが保証人となる人物を立てているときは、破産の前段階にちゃんと検討しておかなければなりません。というのはあなた自身が破産手続きを出して免除されると、保証人になっている人がその債務をすべて支払う必要があるからです。ですから、破産の前段階に、今までの経緯や現在の状況について説明して、お詫びをしなければなりません。これはあなたの保証人の立場で考えると当然必要なことです。あなた自身が自己破産することにより自動的に返済義務がふりかかってくるわけです。それで、以後の保証人になってくれた人の行動の手段は4つになります。1点目ですが、保証人となる人が「すべて返金する」というものです。保証人となる人がそれら数百万ものお金をいとも簡単に返せるほどのような現金を持っているならば、この手段が可能になります。しかしながら自分で破産手続きせずにその保証人に立て替えをお願いして、これからは保証人自身に定額返していくという選択肢もあるのではないかと思います。保証してくれる人が債務者と親しい関係にあるのなら、いくらかは弁済期間を延期してもらうこともできるかもしれません。いっぽうで耳をそろえて完済できない場合でも、業者側も相談すれば分割支払いに応じる場合も多いです。保証人に破産宣告をされると貸したお金がなにも手に入らないことになってしまうからです。その保証人がそれらの債務を代わりに支払う財力がなければ、借金しているあなたと同じく借金を整理することを選択しなけばなりません。2つめの選択肢は「任意整理をする」ことです。この場合債権者側と示談する方法により3〜5年の年月で返済する感じになります。お願いするときのかかる費用は1社ごとに4万円ほど。7社からの負債があればおよそ28万円かかります。当然相手方との交渉は自分でチャレンジすることも不可能ではないですが法律の知識がない方の場合債権者側が自分たちにとって有利な条件を出してくるので気を付けた方がいいでしょう。それと、任意整理になるとしたとしてもあなたの保証人にカネを立て替えてもらうことになるわけですから、あなた自身は長くかかるとしても保証してくれた人に返済をしていく義務があります。次の3つめはあなたの保証人も債権者と同じように「破産する」場合です。その保証人も返せなくなった人と同じように破産すればあなたの保証人の債務も消えてしまいます。ただ、住宅等の不動産を所有している場合はその個人資産を没収されてしまいますし、証券会社の役員等の業務に従事している場合影響を受けてしまいます。そういった場合は、次の個人再生を利用するといいでしょう。最後の方法の4つめの選択肢ですが「個人再生を利用する」ことです。土地建物等を残して債務の整理を希望する場合や、破産では資格制限に触れる職についている場合に検討していただきたいのが個人再生です。この方法の場合自分の家は残せますし破産のような職業にかかる制限、資格に影響を与える制限が何もありません。